銀行員もサラリーマン。いつでも収益のチャンスを狙う

銀行は優良な企業にお金を貸したくてたまらない状況にある

そういった相競合他行の存在はとても重要。私は企業の財務責任者として、金利などを含め、8000万円の銀行支払いを軽減したことがあります。しかも、3行との話にかけた時間はわずか1時間程度です。これを本業の利益で稼ぐとなると結構大変です。ただ、銀行のあなたの会社への姿勢にもよりますので注意が必要です。私の場合、銀行が自社に対してポジティブな姿勢で臨んでいたことがわかったので使えた技です。もしそうでなければ、一斉に各行にそっぽを向かれる可能性がありますので、あなたの会社の立場を踏まえてやるべきなのはいうまでもありません。

とにかく銀行取引は、複数行取引で競合させることが大切です。金利、借り入れ条件、その他様々な手数料など、他行と見比べることができるようにもなります。この銀行の競合関係を使わない手はありません。銀行は他行の動きに対してものすごく敏感です。取引先の情報をできる限り収集しているものですが、やはりすべての情報を把握できるわけではありません。特にメインバンクの動きについては敏感で、メインバンクが融資に応じないものは、自分の銀行だけがやることには消極的です。

この他にも複数行取引がよい理由があります。銀行一行で負担できるリスクというものに限界があるからです。そのリミットは銀行の規模や借入額にもよります。それなので、分散してやる方が銀行にとっても負担が少ないものがあります。あらかじめ銀行の使い分けについても、頭の片隅に入れておくべきです。銀行の規模や販売代金が入金される口座など、使い分けが必要です。
先程スマホからキャッシングの申し込みをしました。急いでいたの助かりました。お金を借りるときはもっと大変かと思っていたら、意外と簡単でした。構えることなく申し込みができました。
普段の仕事が事務系で、そのときにだんだんと培ってきたものが、相続税 申告のときに意外に役立っているように思います。やはり仕事はスキルが上がるので、手続きも簡単に感じます。
そもそも人から借金するという事自体がそう褒められたことではないと思っているので、なるべくまずは人からお金借りるような状況を作らないようにするのが大事だと思っています。


彼らの知恵を拝借しない手はありません。それ銀行員は経営管理ということは非常によくわかっています。ただ、案外経営はわかっていないものです。両社は似て非なるもので、少なくとも銀行員であれば駆け出しであっても法人担当であれば、教科書的に貸借対照表を読むことぐらいはできます。

だから優秀な行員は会社の資産情報を見極め、うまくそれを利用することであなたの会社に有利な資金調達をアレンジしたりするものです。売掛債権の流動化や固定資産のオフバランス化など、確かにこちらが勉強すればある程度道筋が見えてくるものであっても、課題を投げることによって、コンパクトに問題点を洗い出してくれたり、スキームを作ってくれたりします。

What's New
2013/09/19 Recommendを更新しました。
2013/09/15 新着記事を更新しました。
2013/09/14 前向きな資金需要を更新しました。
2013/09/11 大手の売上傾向を更新しました。
2013/09/09 収益チャンスのネタを更新しました。
2013/09/07 借入れ条件のポイントを更新しました。
2013/09/06 銀行は優良な企業にお金を貸したくてたまらない状況にあるを更新しました。
2013/09/03 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
キャッシングサービスのプランネル キャッシング・消費者金融のフクホーキャッシング徹底比較ガイド
日本文化センターグループのプランネルが運営するキャッシングサービスです。電話・ネットで申し込み可能。創業45年を迎えるフクホーの公式サイトです。キャッシング申込みの他返済のシミュレーションもできます。サイトで厳選したキャッシング会社を紹介しています。キャッシングに関する特集なども掲載されています。